顧客本位の業務運営に関する取組状況(2018年6月現在)

【お客様の最善の利益の追求】

• 当社では、スチュワードシップ・コードを受け入れるとともに、スチュワードシップ活動に関する基本方針を公表しました。詳しくはこちらをご覧ください。

• 2017年6月から2018年6月現在までの期間における苦情件数は0件です。

 

【利益相反の適切な管理】

• 当社では、利益相反管理体制を構築し、運用しております。詳しくはこちらをご覧ください。

 

【手数料等の明確化】

• 投資信託の目論見書等に記載される手数料・費用について、より分かりやすい開示を目指しました。

 

【重要な情報のわかりやすい提供】

• 投資家がファンドの仕組みやリスクを十分に理解したうえで投資判断ができるよう、当社が作成する販売用資料および目論見書の改善に取り組みました。

 

【お客様にふさわしいサービスの提供】

• 新商品開発にあたり、新商品承認会議において、運用戦略、ファンドの仕組み及び適合性等を包括的に検討・決議を行いました。

• 投資信託の販売会社に対する審査体制の改善を図りました。

 

【従業員に対する適切な動機付けの枠組み等】

• 研修を通じて、本方針及び各種取組みについて周知徹底しました。

• 本方針の観点を踏まえた人事評価が実施されました。